1. HOME
  2. NEWS
  3. ソウルメイトはあなたのすぐ目の前に!魂のミッションを遂行するための大事な協力者は大きな愛で結ばれたソウルメイトたち
NEWS

ソウルメイトはあなたのすぐ目の前に!魂のミッションを遂行するための大事な協力者は大きな愛で結ばれたソウルメイトたち

ソウルメイト=魂の仲間。そう、あなたの目の前にいるその人も、あの人も。ふと思いついた彼女や彼も。大好きなあの人も、大嫌いなあの子も。わかりあいたいのにわかりあえないと感じてしまうもどかしい関係や、ただ一緒にいるだけで幸せを感じさせてくれる関係、どうしてこんな関係を築いているのか謎でしかない相手でさえも・・・

あなたが今思い浮かべた人々はあなたにとってあなた自身であり、友人であり、ライバルであり、もしかしたら敵かもしれませんが、もれなくソウルメイトです。このように聞いて、ソウルメイトとして受け入れたくない人が浮かんだり嫌だなぁというキモチが出てきても大丈夫。その拒否感も、順調に人生のミッションを遂行中である何よりの証拠なんです。

わたしたちが計画してきたそれぞれの人生計画は、すべてあなたがあなたのために計画したものです。そしてあなたを愛するソウルメイトの協力のもと、現在順調に進んでいます。生きているということ自体にモヤモヤした気持ちを感じている日々だとしても、一瞬一瞬に幸せを見ている生活を送っていても、憤りや不安でいっぱいいっぱいだとしても、それはあなたが計画したあなたにしか歩めない魂の計画のワンシーンでしかないということ。

さぁ、あなたの人生計画にはたくさんのソウルメイトが名を連ねてくれています。見渡してみてください。どんなソウルメイトたちが見えるでしょうか。

もくじ 
誰をソウルメイトと呼べる?
宇宙は特定の人を特別視するためにソウルメイトを用意したのか? 
生まれる前にみんなと打ち合わせた人生計画ミーティング 
家族、親せきとの関係 
・友達との関係 
・恋愛関係 
・間接的な関係 
・結婚 
・離婚 
・未婚の選択 
すべては自作自演。ただしアドリブは自由! 
コントロールを手放そう、ほんとうの意味で地球を楽しむ 
これまでもこれから先も永遠に続くソウルメイトたちとの縁

誰をソウルメイトと呼べる?

ソウルメイトと聞くと、どんな関係性を浮かべるでしょうか。最近ではツインレイ、ツインソウルという言葉もソウルメイト同様に耳にするようになりました。ソウルメイトというと恋愛をイメージする人が多いでしょうか。では、恋愛関係になった相手だけがあなたのソウルメイトでしょうか。

ソウルメイトという言葉は魂の仲間と訳せます。あなたと魂レベルで深い縁を持つ人々が関わりあいながら人生を歩んでいる、ということ。人により、どこまでの交友関係をソウルメイトと考えているかはさまざまです。

たとえば、宇宙規模のレベルにおいてすべての存在がソウルメイトだと考える人もいるでしょう。もう少し狭い範囲で考えるのならば、地球上に生きる生命すべてとなるでしょう。または一度でも自分と関わりを持った存在すべてをソウルメイトと認識する人もいるはずです。

もっと狭い意味で捉えるとするなら、輪廻転生で縁を持った家族や親せき、友達や恋人として考える人も多いかもしれません。さらに狭めるのならば、転生輪廻の中で夫婦関係となった相手のみをソウルメイトだと認識している人もいるでしょう。

ここに正解はありません。あなたの感覚はすでにソウルメイトの定義を決めているかもしれませんね。いずれにしても、目の前のその人をたまたま出会った人と考えるか、生まれる前にすでに顔を合わせていた旧友かもしれないと考えるかで、あなたの世界の彩は変わっていきます。

宇宙は特定の人を特別視するためにソウルメイトを用意したのか?

ソウルメイトはロマンを感じさせる言葉でもあります。地球を飛び越え宇宙レベルで縁のある魂と、この地上で再会できるなんてドラマのようで感動的ですよね。人は、同じ人間同士にもかかわらず対人関係に頭を抱えている人が少なくありません。

その中で、ソウルメイトという特別な絆で結ばれた感動的な縁があると思うと、うれしくなります。では、ソウルメイトはそのような特別な出会いのために用意されたサプライズなのでしょうか…。宇宙は寸分の狂いのないタイミングを提供してくれます。

そのようなうれしいサプライズも大歓迎ですが、わたしたちがいつもどおりの日常を送っているその一瞬一瞬にも、念入りに特別なプランが組み込まれていると考えてみたらどうでしょう。

あなたのまわりのどこまでの交友関係をソウルメイトとするかは、あなたの自由なのですが出会うすべての人が出演予定だったソウルメイトだと考えたら、どうでしょうか。

さすがにこの人は違うだろう、と思えるような関係性まで、ドラマで言うならエキストラのような役柄の人までもがあなたの人生というドラマに出演している魂の仲間なのかもしれない。

真実はあなた自身の選択に任せるとして、そう考えたときのあなたの視点は随分と変化していくはずです。 この捉え方がおもしろいと感じられるようであれば、採用してみてください。

今度はどんな人が目の前に現れるのだろう!その時どんな気持ちが出てくるのだろう。まるで毎日がサプライズパーティーのように眺める自分に気づいたならあなたが見据える風景は無限に広がっていくでしょう。宇宙時代のあなたがあなたに贈ったサプライズはあといくつ残っているでしょうか。

生まれる前にみんなと打ち合わせた人生計画ミーティング

地球という場所での人生を選んだ魂たちに、宇宙は地球を満喫できるようなアトラクションを企画してくれました。それがどんなものであるのか?すでにあなたの目の前に広がっている人間模様にあります。

物心がついたころから当たり前に存在していた、あなたのまわりにいた人々との関係性は宇宙から見たら地球限定で体験できるアトラクションだったのだと考えたらどうでしょう。

さまざまな関係性の中でより深く知りたいと思える縁もあれば、もうこれ以上考えたくもないと思うような縁があるかもしれません。 そのどちらにも、魂の縁は確実にあります。

そして、そこにはあなたがその相手と創造したいと思ったなにかがあるのです。 生まれる前、あなたは今出逢っている人々とどのように出逢いどのような関係性にするのか、ミーティングを重ねていました。

家族、親せきとの関係

家族や親せきとして、縁を持っている人たちは当然ながら過去の人生でも同じように家族や親せき、恋人や友達として関わっていたことのある人々と言えます。家族というしくみは宇宙目線で見たらとても面白いものです。

わたしたちは、家族以外の人々にならば冷静に対処できるようなことも、家族や身内というだけで自分の気持ちをうまくコントロールできなくなってしまうことがあります。逆に、家族には心許せることも一歩外に出るとぎこちなくなってしまうこともありますよね。

家族と過ごす時間が長い人も、たとえ短い人であっても血縁という概念は深くしみ込んでいることが少なくありません。 それだけ、肉体を持ち家族として過ごすことは貴重な感覚を持つことになるため、体験する内容の濃さがあります。

もしかすると家族とはソウルグループとして、ある一連の経験を共にしようと計画したのかもしれません。多くの計画の中でも、親子の縁では子どもが親を決めると言います。 今回の人生で自分が体験したいことを体験させてくれる環境を選ぶにあたって現在の親に決めて親子の縁を結ぶのです。

血縁を結ぶという環境は確かに濃厚な関係性となりますが、養子縁組で親子になる縁も同じくお互いが了承した上での関係です。たとえ血のつながりがなくとも、養子縁組の関係は深い深い絆で成り立っています。

こんな親を選んだつもりはない!と言いたくなるような場合でも何かしらの計画があって、あなたが今の両親を選んでいます。 全ての関係に言えることは、過去生から現在、そして未来生と、立場を交互に変えながら経験しているということ。

そのようにしてソウルメイトと協力しながら、それぞれの魂の経験を積んでいるのです。 今の両親から受けた影響は良いと思えるものも悪いと思えるものもあるでしょう。実はあなたのほうが、そのように見せてもらいたいとお願いしたものかもしれません。

または、前回の人生ではあなたが親としてその姿を見せていたかもしれないということです。

友達との関係

友人関係は、幼少期、青年期、成人後、さまざまな期間に渡り築かれるものです。基本的にはお互いに喜びを分かち合ったり、苦しみを打ち明け励ましあうような関係になります。

お互いを支え合う関係の中にも、ライバルとして切磋琢磨する間柄もあるかもしれません。あなたが友人と聞いて思い浮かぶ人は誰でしょうか。その人とは過去生ではどんな間柄だったと思いますか。

輪廻転生を繰り返す中で時には味方として、悪役として、あなたにとっては嫌な役を演じることさえも快諾し、人生経験の糧になってくれているかもしれません。

あなたが励ますことが多いあの人なら、もしかしたら過去の人生では多くの場面で励ましてもらっていたのかもしれません。あなたが勇気をもらうことが多いその人であれば過去の人生では多くの勇気をその人に渡していたのかもしれませんね。

こんな風に、心許せる友人は以前の人生の多くでも、同じ時代の同じ場所に生まれ出会っていたのだとしたら。あなたと友人との縁は、ちょっとしたことでは壊れようのないレベルのつながりが築かれています。

恋愛関係

恋愛を通じたソウルメイトとの関係は、あなたや相手が経験したいことによって様々なシーンが生まれることになります。たとえば、失恋という経験のために振られる計画を立てていた場合もあるはずです。

過去生、恋人同士の関係ながらひどく傷つけてしまったことがある場合などは、今回の人生では立場を逆転させて尽くすような関係性となる場合もあると言います。 恋愛関係になるソウルメイトとの過去の縁は同じように恋人だった事が多いのでしょう。

もちろん例外はあるにしても、その相手との間で計画した課題のために再び再会できるようプランニングすることは多々あるようです。 なかには、過去生で結ばれることなく戦争や事故などで離れ離れになってしまった悲しい過去を持つ恋人同士が今回も出会うことがあります。

そのような場合、なぜか早く一緒になりたい!と結婚を急ぐ傾向もあるのだとか。 そうかと思えば、恋人を求めていたわけではない状況なのに、なぜか気になる存在として頭を離れないことがある、理屈では表現できない感覚でその相手を意識してしまうという人もいます。

実は、そのような縁こそ深いつながりを持つソウルメイトの確立が高いと言われています。 また、結婚相手とはお互いのミッションのために家族を持ちそれぞれの課題を体験しながら生活していたところに、さらに縁の深いソウルメイト(ツインレイの可能性も)と出逢う、という状況も少なくないようです。

ツインレイについては特徴をはじめ、チェックリストを掲載した記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

間接的な関係

直接出会い、会話を通してコミュニケーションした相手だけがソウルメイトとは限りません。会ったこともない相手の作品や音楽などに強く心を動かされ、人生に大きく影響する場合、確実にその相手との縁があるといいます。

その相手の作品を購入する、たとえばファンクラブに入会するなど間接的でもサポートするような立場になる場合、あなたのソウルメイトなのでしょう。過去生では立場が逆だったことももちろんあり得ます。

未来生、あなたの熱烈なファンとして次は相手がサポートする立場になるのかもしれません。この世限りと思うような関係性であってもわたしたちの縁は複雑に、緻密に、そして確実に結ばれ続けていきます。

結婚

恋人関係を経て、またはお見合いなどの機会を経て人は結婚という道を選択します。結婚に踏み切る理由は人それぞれありますが、魂レベルで見るとドキドキするような恋の延長としての結婚ではなく、夫婦としてのミッションを持ち合わせて進むことが多いようです。

長い時間を共に過ごす、生まれ育った環境もまるで違う二人の魂が寄り添い生きるということはそれだけでもひとつのミッションです。 2人の関係性が、友達同士のような結婚生活や、恋人同士のような結婚生活であることも多いでしょう。

どんな夫婦として歩むのか、ということもひとつのミッションと言い換えることができます。いろいろな愛の形を、お互いの魂の意志に沿って作り上げていくのが夫婦なのかもしれません。わたしたちにはさまざまな愛の色があります。恋人へ向けた愛もあれば、わが子への愛、夫への愛、親や兄弟への愛などです。

この世界では法律として結婚という規定がありますが、魂レベルで見るならば、結婚という形をとらなくても愛を創造している人々はたくさんいます。その相手はもれなくソウルメイトと言えるでしょう。

あなたの目の前にいるパートナーとは今回の人生でお互いにどんな課題を計画したのでしょうか。そのミッションはどのようなものでしょう。あなたが問題として浮かぶこと、喜びとして浮かぶこと、そのすべてにヒントが隠されています。

離婚

ソウルメイトとの結婚と言えど、離婚する夫婦も少なくありません。離婚というと未だにこの世的にはネガティブ、失敗と思われるような雰囲気も残っていますが、魂レベルで見たら離婚はどのような意味を持つのでしょうか。

あえて離婚するという計画を立てていたのだとしたら、夫婦や家族はそこに何を見ようとしたのでしょう。離婚をすることによる挫折感や、愛を失うという経験、相手を赦すチャレンジ、愛を持続する難しさなどを体験しながら、自分や相手と向き合うことを決めたふたりのミッションだったのではないでしょうか。

人によっては、自分の本音や真実に向き合い離婚を選択できるのか、という課題もあるかもしれません。そのために相手と事前に打ち合わせをし、離婚を経験する計画に了解を得て結婚していることになります。

ひとりひとりが創造主であるわたしたちは、目の前の現実は言わば自己責任です。その世界であなたが選べる選択肢は無数にあります。結婚生活を送る中で、あえて分かり合えないとはどういうことか経験してみたいと計画したことなのか、離婚を経験するためにパートナーと向き合っているのか。

夫婦の選択である離婚は子どもがいた場合にはどう捉えることができるでしょうか。 子どもにとって、両親が離婚するかしないかということよりも、自分の父親や母親が笑顔でいてくれる事が子どもにとっての喜びです。

計画の上で、離婚することになる夫婦のもとに生まれた子どもたちは親の離婚を通して自らも体験を得たかったからその両親を選んだのでしょう。

未婚の選択

人生の計画段階で結婚を選んでいない場合、それ以前の人生で縁のあったソウルメイトとはどのような関係性になるのでしょうか。 未婚の選択をした場合、婚姻関係を結んだことのある魂とは、同性の親友になったり家族になることが多いようです。

未婚とはいえ、縁の深いソウルメイトはちゃんと身近に存在しています。 お互いの立場を変えながらも現在の関係性の中で助け合いながら人生を歩むことに変わりはないようです。

たとえ結婚という制度に則っていなくとも、同性同士であっても、既婚者同士であっても、なんらかの環境を選びその中でお互いの創造性をもって、様々な愛を共同創造している人々がいます。

肉体の目で見えるカタチにこだわることなく、わたしたちは魂レベルでお互いを愛しあう体験をしているのです。

すべては自作自演。ただしアドリブは自由!

ソウルメイトとして、まわりの人とのつながりを感じた今、この感覚で世界を見渡すと今まで見えていなかった景色が見えてきます。まるで雲隠れしていたように感じるその風景はあなたがフォーカスしたことで初めて色を持ったと言わんばかりに鮮やかになっていきます。

感情はとても不思議なものです。たとえば、幼少期に得た経験から怖れを体験すると、人は目の前に起きた現象に、幼少期の怖れと結びつけて現状を判断し、捉われてしまいます。

これらの感情を引き起こす現象やトラブル、人物は、あなたが計画したプランのひとつにすぎません。わたしたちは嵐が来たぞー!と騒ぎながら、その嵐の出どころは自分だった、という寸劇を演じているとも言えるのです。

宇宙から見たらそれはそれはわくわくしたのでしょう。わたしたちは自らの人生に様々なオプションを付け加えました。しかしいざ肉体を持ってみたら、とんでもない嵐に巻き込まれたとしか思えなくなってしまいます。

肉体の反応は、はっきりと認識できる感情だけではありません。自分自身との会話にゴールが見い出せず、もやもやとした日々を繰り返すどかしさを感じることもあるでしょう。しかし、「そのような時間を持とう」と自分に計画していたことだとしたらどうでしょうか。

現実は、目の前に見える硬質の物質世界が多くを占めているように思えますが、実のところ数パーセント程度を占めているだけで、目に見えない要素のほうが大多数を占めていたという事実を知ることになるのです。

コントロールを手放そう、ほんとうの意味で地球を楽しむ

あなたの人生は全てあなたが創っています。世界の中の自分ではなく自分の世界を俯瞰した視点から見つめたとき、さまざまな真実を思い出すことになるでしょう。しかし自分が創りあげている世界、と認識することで逆に思考過多になってしまったり、怖れを抱くことがあるかもしれません。

物事の判断を手放して、ただ目の前に現れる現象から自らを知ればよい、と思っていても知らず知らずに怖れを選択していると、どんな現象が現れてくるのかを怖れたり、自分の真実を直視することに怯えてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、あなたのシナリオはあくまでも、生まれる前のあなたが大枠をプランニングしたものであり、それを受けて肉体のあなたが蓄積させた創造物が目の前の現象となっているのであれば、あなたを支配する怖れの行く先は統合という目的地しかありません。

ぎゅっと締め付けられるような、どこか緊張しているようなキモチが確認できるのなら、肩の力を抜いてみましょう。肉体のこわばりを息とともに吐き出すのです。ぐっと握りしめたこぶしをふわっとほどいてみてください。

力む必要はありません。何かをコントロールする必要もありません。配偶者のことも、子どもや友人のことも。困ったあの人に構える必要もありません。なによりそんな環境に身を置いている自分自身のコントロールもすべてあけ放ってください。

たった今解放されたどこまでも自由なあなたを感じてみましょう。コントロールなどなくなってしまえば、ただただ見えるその世界をあなたらしく無邪気に楽しむことができます。もとよりコントロールなど必要がなかったという安堵感と共にソウルメイトたちがあなたを見つめていたことに気が付くはずです。

これまでもこれから先も永遠に続くソウルメイトたちとの縁

用意された舞台も、肉体も、現象も無駄なものはなにひとつありません。あなたが日頃抱くキモチのひとつひとつ、時おりなくなってほしいと思う感情さえもなにひとつ無駄なものはないのです。

あなたの人生創造には愛すべき地球遊園地と、肉体のあなたと、それらに深みを与えてくれる感情とともに、無限の可能性を秘めてこの世界は成り立っています。そして忘れてならないのはソウルメイトの存在です。

あなたの人生には、あなたと同じくらいソウルメイトの存在が不可欠です。さまざまな愛のカタチを当初の打合せ通りに役割を担ってくれています。それはわたしたちが認識していようといまいと、予定通りに進んでいるのです。

いずれ時が経ち、各々の人生を全うして肉体を去ったあと、宇宙では人生をエンジョイしたソウルメイトたちの姿が。お互いに関わった思い出のシーンをひとつひとつ見返しながら、笑顔で分かちあう「とき」があなたを待っているのです。

〔参考文献〕
ソウルメイト「運命の人」についての7つの考察 飯田文彦著(PHP研究所)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。