1. HOME
  2. 宇宙からの情報
  3. -ベガ星人の真実に迫る!-もしかしたらあなたがベガ星人かもしれない!?
宇宙からの情報

-ベガ星人の真実に迫る!-もしかしたらあなたがベガ星人かもしれない!?

ベガ星は、夏の星座「こと座」の星のひとつです。こと座の星たちの中でもひときわ明るく輝いていて、肉眼でも見ることができます。七夕の織り姫星としても知られていますよね。地球から25光年も先にあり、地球よりも250倍も大きいと言われています。

地球からの距離も星の大きさも規格外ですが、私たちが地球に生きているように、ベガ星にもベガ星人が暮らしています。そして、ベガ星で生きた魂が新たな体験やサポートを望んでここ地球にも生まれ変わっています。

ベガ星人はどんな存在なのでしょうか。ベガ星のことを知りたい、と思ったあなたはベガ星のルーツがあるのかもしれません。この記事を通して、ベガ星やベガ星人を感じてみてくださいね。

[もくじ]

ベガ星の歴史

 長い歴史の中でベガ星人が得たもの

 地球にも魂のルーツにベガを持つ人がいる

ベガ星の人々

 ベガ星人は体が透き通っていて変貌自在!

 ベガ星人の深遠な智慧

ベガ星の人々が地球に向けている想い

 映画「コンタクト」はベガ星人からのメッセージ

 地球人にとってベガ星人はヒーラー的存在

まとめ

ベガ星の歴史

宇宙の中でも地球やプレアデス星は比較的あたらしい星と言われています。一方、人類の起源とも言われるベガ星やリラ星は、とても古く歴史があります。ベガ星では今日に至るまで、壮大なストーリーが展開してきました。

 長い歴史の中でベガ星人が得たもの

ベガ星は、地球人の発祥にも関わったと言われている星のひとつです。宇宙の始まりは「光と闇」「陰と陽」の二極の世界と言われていますが、ベガ星にも光の時代と闇の時代がありました。長らく続いた闇の時代を忍耐強く耐えた過去があります。

ベガ星の人々は闇の時代と言われる中でも、ポジティブな要素を得て自らの智慧としました。「答えはすべて内側にある」ということを体感とともに、深く理解したのです。そのため、彼らは自己信頼の気持ちや肯定感に確信を持っています。

それはまわりの人々に対しても同じように向けられていて、自らの答えをその人自身が探し出せると信じています。どっしりと構えて「見守る」ことができるのです。

 地球にも魂のルーツにベガを持つ人がいる

地球に生まれている人々のほとんどが、宇宙にルーツを持つと言われています。もちろんベガ星にルーツを持つ魂も含まれます。ベガ星での経験を生かし、地球の体験に加わりたいと望む者がいたからです。

その想いは、「私欲」よりも「よりよくするため」といった内側の平和に根ざしています。あなたの魂は、ベガ星にルーツがあると感じますか?「ベガ」に意識を向けてみましょう。「懐かしい、心がざわざわする、なぜか気になる」など、なにか感じますか?

あなたの内側のサインをじっくり感じてみてください。あなたの体感がなによりの証拠です。

ベガ星の人々

地球に住む私たちは、生活の多くを当然のことだと思って過ごしていますよね。しかし、宇宙から見たら、地球でしか体験できないことに満ちています。おなじように、ベガ星にもベガ星人独自の特長があります。その特長は私たちからするととても不思議なものです。

 ベガ星人は体が透き通っていて変貌自在!

ベガ星人が地球人と大きく異なる点は「肉体」です。私たちは肉体をはっきりと認識できます。しかし、ベガ星の人々は体に透明感があって自在に姿を変えることができます。相手の心の情景を読み取って、空間を創り出すこともあるようです。

ベガ星の人々が描く世界は美しく、思いやりに満ちています。私たちにとっては魔法のような話ですよね。ベガ星は、地球のように物質世界が固定していないので可能なのでしょう。彼らは、内側に抱く世界がそのまま目の前に現れることを熟知しているのです。

 ベガ星人が持つ深遠な智慧

ベガ星では科学技術が進んでいますが、芸術的な分野やその他の分野でも深く掘り下げて探究しています。どのような分野であっても、その根底に必ず愛と調和がベースとしてあるのかが重視されます。

進化と調和をバランス良く成長させていく文化を持っているのですね。その点が、ほかの惑星にはあまり見られない、彼らならではの世界観と言えるでしょう。

ベガ星の人々が地球に向けている想い

今、地球は大きな転換期を迎えようとしています。彼らは地球の歴史をいつでも見守ってきました。地球からはるか遠くにいる存在から想いを向けられているなんて、うれしくて心強いですよね。

しかし私たちの多くは、彼らの想いや姿をはっきりと感じることも、見ることもできないかもしれません。それでも私たちのことを想いつづけていて、決して孤独ではないことを知ってほしいと思っています。

 映画「コンタクト」はベガ星人からのメッセージ

1997年に公開された映画「コンタクト」は、ベガ星人からのインスピレーションを受けて作られたと言われています。題名のとおり、科学者が地球外生命体とコンタクトをとる映画です。

主人公である科学者のエリーは、ベガ星からのコンタクトを受けてベガ星人と対面します。しかし、その事実を証明できる証拠を何一つ残すことができません。審議会でも激しく追及されてしまいます。

エリーは、自分の身に起こったことを、まわりの人々と同じように疑っていると正直に認めます。その上で、自分の真実を否定することはどうしてもできない!と訴えます。

『証拠も確信もない、ただの妄想かもしれない。それでも、自分の内側の感覚や想いに気づいているのなら、それがあなたの真実です。すべての答えはあなた自身がすでに持っていて、それほどにパワフルな存在なのです』

と映画を通して伝えてくれたのかもしれません。ベガ星人をもっとリアルにイメージしてみたいときには、宇宙からのインスピレーションを受けた映画や、芸術作品に触れてみてください。その時は忘れずに、あなたの体感や感覚も観察してくださいね。

 地球人にとってベガ星人はヒーラー的存在

ベガ星の人々は潜在的に「体験したい」という意図のままに歩んできました。そして地球にいる私たちも彼らと同じように、ひとりひとりの意図がそのまま現実となっています。とはいえ、地球ではそう感じている人もいれば、環境やまわりの人々があって、自分がいる。と思って生きている人もいます。

地球に対してベガ星の人々は、限定的にサポートしています。なぜ限定的なのかというと、地球に生きている人々の意図、集合意識がなによりも優先されるからです。そして、その意図のとおりに体験しているのを見守ることも幸せだと思っています。

彼らが見ているのは二極を超えた先の景色です。「世界は体験でしかない」という事実を深く理解しているのでしょう。「すべてが大丈夫である」と確信しています。その確信という名の愛を、私たちに寄り添うように地球に送り続けています。

まとめ

地球上では、宇宙人の存在は公式に認められていません。それでも世界中の人々が宇宙を題材にした映画に魅了されています。インターネットを開けば宇宙人の情報があふれかえっています。なぜだと思いますか?

それは、だれもが心の奥に記憶する魂のルーツを思い出したいからではないでしょうか。知らぬ間に私たちは、ベガ星人からの想いをキャッチしているのかもしれませんよね。あなたも彼らへ想いを向けてみてください。よろこんで受けとってくれるはずです。

夜空に想いを馳せてみたら、思わぬサプライズがあなたに届くかもしれません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。